吹田自分史の会

例会の紹介

 毎月第3日曜日に例会を開催しています。想い出の作文(約1,200文字)を持ち寄ります。

  朗読専門の方が2作品の朗読をします。この朗読は「吹田自分史の会」の他にはない特徴です。

  年1回の文集を発行します。下の写真は令和3年3月発行の第九集と前年の文集です。

 

例会の日時

  毎月の第3日曜日。午前10時~12時

場所

  南千里駅隣接西寄り

  千里ニュータウンプラザ7階(南千里公民館)会議室

会費

  毎月500円

作文提出

  テーマは自由です。

  過去に面白かったこと、悲しかったこと、感動したこと、めずらしいこと、

  等の経験を文章にします。

  思い出をおおよそ1,200文字程度で作文して例会に提出します。

朗読

  朗読工房の専門の方2名が参加して、2作文の朗読を聴きます。

会の進行

  朗読を聴いて、感想やご意見の交換をします。

  後の文章作成の参考にします。

文集の発行

  1年間の作文から各自のテーマをいくつか選んで編集して、

  「断片自分史 わが人生の想い出」を発行します。

  令和3年は第九集を発行しました。

行事

  新年会 吹田自分史の会と朗読工房さんと合同で例年1月。

  文集発行祝 例年4月。

  昼食会 例年7月または8月。

  千里南公民館文化祭参加 例年10月下旬 または 11月初旬 

  (令和3年はコロナの影響で中止)

 

 

地図案内


吹田自分史の会

 会長 宮本義次

 電話: 06-6385-5859